ナイトアイボーテの塗り方

ナイトアイボーテで二重を実現する塗り方!

二重

 

自力で二重にしたいと思っている人がいちばん使いやすいんじゃないかと思えるのがナイトアイボーテです。

 

塗り方も夜、美容液を塗って寝るだけなので誰にでも簡単にできます。
でもただ塗るだけといっても、使ってみたことがない人にとっては不安ですよね。

 

それでは詳しくナイトアイボーテの塗り方をご紹介します。

 

 

 

ナイトアイボーテの塗り方

 

塗り方

 

@まずはまぶたをきれいにしてから使います。
寝る前に洗顔した後に使うといいですね。

 

A二重にしたいラインにナイトアイボーテを塗ります。
どこに塗ればいいのかよくわからない人は説明書を見るとわかりやすいです。
むらなく均一になるようにさっと塗るといいですね。

 

B液が乾かないうちに二重ラインの真ん中を付属のプッシャーで押し上げて目は開きます。

 

Cプッシャーをはずして二重ラインがうまくできているか確かめてください。
三重になったりしている部分があれば整えます。
整えるのは早くしないと液が乾いてしまいますね。

 

Dそしてそのまま寝るだけです。

 

プッシャーで押し上げるとたいていきれいに二重ラインができあがります。
時間も手間もかかりません。

 

朝メイクする前にお湯でナイトアイボーテはやさしく落としてくださいね。
こするとせっかくの二重が崩れるのでそっとやさしく落としてください。
アイメイクは普通にできます。

 

これで昼間は自信をもってばれる心配もなく外出できます。

 

そして大切なのはこの作業を毎日続けることですね。
毎日同じラインに二重のクセづけをしていると、だんだん本物の二重に近づいてくると思います。

 

ただし、人によってまぶたが腫れぼったかったり、脂肪がついたまぶただと時間がかかるかもしれません。
そんな方はナイトアイボーテにプラスして自分でも腫れぼったくならないように気をつける必要もありますね。

 

 

 

まぶたの腫れを防ぐ方法

 

まぶたの腫れ

 

体が冷えると血行が悪くなるのでまぶたも新陳代謝が悪くなり腫れやすくなります。
夏はクーラーや扇風機の風などもあたり過ぎないように気をつけましょう。
特に夜はタイマーにして冷えないように気をつけましょう。

 

冷たい飲み物や食べ物も食べすぎるとよくありません。
夏は汗をかきやすいので水分を補給する必要はありますが、体内でも水分をためておこうとするのであまり水分をとりすぎても腫れてしまうかしれません。

 

冷たいものは避けて暖めるのが血行をよくして腫れを防ぐのにはいちばんです。

 

それで蒸しタオルで目のまわりや首まわりを暖めてあげると血行がよくなって腫れもひきます。
目の周りだけでなく、首周りも暖めてあげると疲れもとれて一石二鳥ですね。

 

腫れは防いでナイトアイボーテを根気よく使えば誰でも二重が実現すると思います。

 

うまくいかないという人は寝ているとき目元を触ってしまう癖のある人だったりします。
毎日塗るのが面倒でサボってしまう人もうまくいかない可能性がありますね。

 

 

毎日根気よく使えば本物の二重がゲットできるのがナイトアイボーテだと思います。

 

ナイトアイボーテの詳しい情報はこちらからどうぞー>